九州出身者が札幌へ移住し一通り経験した季節・生活を綴ってみる「リーガル・エイリアン」シリーズ

そこそこ放浪している僕が、移住を札幌に決めた理由を少しお話ししましょう。
※移住後にわかったことも含みます。

街がキレイ

ヤンキースの某GMもおっしゃっていましたが、単純に札幌は街がきれいだな(雪解け時期を除く)と思います。いわゆる「街」自体はすごくコンパクト、かつ新しいだけあって、とても整備されています。用事はだいたい大通周辺で事足りますし。職業柄表面はもちろん、機能美には特に魅力を感じます。
車を持ってこなかったので、移動はほとんど公共交通機関と徒歩(稀にカーシェア)ですが、札幌市内で困ったことはありません。車もあればあったでもっと便利なんでしょうが、冬運転できる自信はありません…

広い

何度か札幌を訪れるたことはあっても、1週間そこらの滞在ではなかなか遠出ができません。何度か音楽のイベントで旭川へ行った程度で、魅力満載の道東や道北には行けずじまい。下手に陸続きの方が移動時間かかるというね。

なので移住検討しているとき「住んでりゃいつか」という目論見はありましたね。結局まだ行けてませんが「移動」自体も楽しめる人間なので、今年は道東を軽く目指そうと思っています。が、予定はしていません。タイミングでヒョイと。

文化度が高い

個人的にとても気に入ったポイントです。食が中心のイベントは本当に多いのですが、アート・文化系のイベントもいたるところで開催されています。市もしくは道としても力を入れているのでしょう。それらしい施設もまた新しくできましたし。

大きなイベントが年に一発ドカン!という感じではなく、大小様々な形を色んなシーズンで見かけます。プロのアーティストの方はもちろん、アマチュアや卵さんとしても、非常に活動しやすい地域でしょう。対外的にも札幌・北海道というブランドは、あらゆる面で秀逸なロイター板となってくれますし。

アート方面の方とは、何かやれるんじゃないかと長年思っているところもありまして、密かな野望です。

言わずもがな、美味いものづくしであります。寒い地域だけあって、自分には少し濃いかな、と思うときもありますが、基本食材・鮮度勝負の地のものに関しては、言うことありません!九州の食で恋しくなるのは、青魚くらいですね。
ただ、食材原価以外の経費(地価や人件費等)を考えると、コスパはあんまし良くないような…

それから、全国にありそうなチェーンをあまり見かけなかったりします。参入すること自体はさほど難しいとは思えませんが、定着のハードルは高そうな印象です。道民性なのでしょうか。

生活

移住に際し物件を探していて思ったことは、賃料が安いです。都市規模で言えば、よく知る福岡市と同じくらいと考えて良いでしょうが、家賃に関しては、似たような条件で考えると福岡の方が2割は高い気がします。光熱費は夏と冬が逆転するくらいで、我が家での年間の差はほぼないと思います。

そして、とても感動した事。なんと、瓶・缶・PETが同じゴミとして(指定なしの汎用ゴミ袋で)出せます!

おまけ

業務的な側面から見ると、広告に携わる人間としては、すごく「東京」っぽいと感じます。あんまし良い言い方ではないかもしれません(悪口ではありませんよ!)が、いわゆるリトルトーキョーなイメージです。東京で流行っているモノに対しては、だいぶ敏感で輸入も早いと思います。定着するかは別として。新しい街だからこそのアンテナ、なのかもしれません。

歴史が浅いことで、守るべきしがらみがない。だから新しく、かつ成功しているものを純粋に受け入れやすいのではないかと。逆に東京、ちょっと広げて首都圏以外の国内のことは、あまり知らない?というか、受動的な情報が少なめかな、と思います。